物語 あらすじ

私、小倉庵。田舎に住むマイペース高校生。

でもある日、開かずの蔵の鍵を手に入れて、中でボロボロの木の棒を拾ったの。

その時、

「二代目。我が木剣、大切にせよ」って声が聞こえたの。

その時は気にしなかったんだけど、次の日からが大変!

剣を構えた人たちがやってきて「武蔵、勝負!」って。

皆、私が武蔵の二代目だって言うし、殺されても困るから、相手はするんだけど……

剣の勝負に負ければ一生、勝者に従い尽くす運命って本当かな。

この時代に、そんなのおかしいよね?

一体、どうなってるの!?

物語イメージイラスト
上部へ戻る